「作り手を増やす」試み!プロポーズプランに協力してくださる飲食店等を募集中です!


先日、神戸で行われた西野亮廣さんのトークショーに参加してきました!

内容は、今月発売された「革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜」について。

すでにこの本を読んだ私にとっては、9割ぐらいは知っているお話でした。

だけどやっぱり話すのも上手いから、全然飽きないんですよね。

1時間半、休む間もなくマシンガントーク。

知っている内容とは言え、やはり改めて、自分の事業に当てはめて考えずにはいられません。

私が今回特に考えさせられたのは、「作り手を増やす」ということ。

西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」は、分業制で制作し、たくさんの方が携わって完成したものです。

そう聞くと、「自分で描いてないの?!」と思われる方もいると思いますが、分業制にしたからこそ、えんとつ町のプペルは30万部を超えるベストセラーになったのです。

どういうことかと言うと、例えば、私が一人で絵本を描いたとすると、完成した絵本は、まず私自身はきっと買います。

それ以外は?必死に宣伝するしかないです。。

私とあなた、二人で絵本を作っていたら。

私とあなたが買うので2冊は売れます。

つまり、100人で作ったら100冊売れるし、その100人がみんな宣伝してくれるわけだから、拡散も早い!