結婚式の友人代表スピーチ大公開!&4つのコツ

最終更新: 5月3日


前回のブログで、幼馴染の結婚式についてのレポを書かせていただきました。

(前回のブログはこちら結婚式レポ1/21)

今回は、その中で私が務めた友人代表スピーチについてです。

スピーチと言っても、結婚式だし縁起の良くない言葉とかあるのかな?とか

無難にまとめたほうが良いかな?とか

尺が決まってるんですよね?とか

単純に大勢の人(しかも目上の方もたくさんいる)の前で話すなんて緊張する!とか

色々悩むかと思います。

私もそうでした。

とりあえずネットで調べてみるも、大まかな骨組み(自己紹介→新婦の人柄がわかるような思い出→結び)くらいのぼんやりとした情報しか手に入らず、、

しかも思い出とか20年の間にありすぎて選べないし、、本当に困りました。

ですが、私は人を喜ばせる仕事をしているのだから、スピーチだって無難なものにはしたくない!と思い、昔の写真などを見つつ20年の自分たちの歴史を振り返りながら何度も推敲しました。

結果、適度に笑いをとりつつも最後は新婦はもちろんゲストの方々も泣かせるスピーチになりました。

結婚式が終わった後も、初めてお会いした方々から、スピーチ良かったよ!とお褒めの言葉をたくさんいただきました!

なので、このブログを読んでくださっている方だけに、私が読んだスピーチの内容を公開しちゃいます。

※新郎新婦は仮名にさせていただきます。


-------------------------------------------



達也さん、愛子さん、ご結婚おめでとうございます。

ご両家ならびにご親族の皆様におかれましても、心からお祝い申し上げます。

ただいまご紹介にあずかりました、愛子さんの友人の内藤遥と申します。