お客をリピーター(ファン)にするための基本中の基本!


モノが溢れている現代、ただモノを売っても売れないので体験を売らなければいけないと、あらゆる場所で言われています。 だけど最近私が感じているのは、体験を売っていると、最初は珍しがって人は集まるけど、一度体験してしまうとそれで満足する人が多い。

つまり、リピーター(ファン)にならないということです。

私のバイト先のカフェがまさにそれなのです。

(バイト先の知り合いがこのブログを読んでいないことを祈ります。いや、読んでても良いや。店の名前出さないし。私の意見だし。)

かつては、いわゆる普通の、白とグリーンを基調としたナチュラルなカフェでした。

当時から、お客さんがたくさん来るようなお店ではありませんでしたが、毎週来てくれる常連さんもたくさんいました。 ところが、今年の2月にリニューアルオープンし、常連さんは離れていきました。 リニューアルした店内は、某有名な方がプロデュースした世界的にも珍しい植物が生い茂る、まるでジャングルのような空間。

「植物園」と名の付くカフェなので、食事をせずに植物を見に来るだけでもいいらしい。

壁からはライオンや虎が飛び出し、魚やカニがぶら下がっています。

さらに夜になると、ピンクやブルーのライトが光り、ミラーボールが回り、なんとも怪しい雰囲気になります。

オープン当初、いち早くそのカフェらしくないカフェを一目見ようと、たくさんの人が訪れました。

土日は開店前から、寒い中20組ほどの列ができていました。

お店も広いので、ホールスタッフは5、6人が各々のポジションに配置され、休む暇なくバタバタでした。

それが9ヶ月経った今、「暇やなー」と言わない日がないくらい、お客さんがまばらな毎日。

ホールスタッフも平日であれば2人で周るようになり、数名のバイトがクビになり、残っている人もシフトを削られるようになりました。

たしかに、他では見たことのないようなコンセプトと店内のデザインで、話題性があり、インスタ映えもします。

決して間違ってはいないのです。

だけど、肝心の料理が、値段の割に“普通”なんですよね。。

一度行ってインスタにアップしてしまえば、高いお金を出してまで、次また来る理由はない。

リピーターを獲得するために大切なのは、その店舗やサービスや商品本来の役割の部分だと思います。

飲食店であれば、もちろん食事。 レジャー施設であれば、アトラクションやショーの楽しさ。

良いものを売れば売れるわけではない。 けど、良いものでなければ“お試し”で終わる。 ただ面白そうなものを作って話題になれば、商売繁盛と思っているのは、お客をナメてると思います。

どんなに店内の雰囲気や料理が乗ってるお皿がおしゃれでも、美味しいか美味しくないかぐらい、わかるから!

「うちはこんな新しい面白いコンセプトでやってます!」というのは、初回来てもらうニーズを喚起するためのもの。

それだけで終わってしまっては、せっかく集めたお客さんなのに、もったいない!

自分たちの役割が一体何なのか、立ち止まって考えてみることも必要だと思います。

Hearkoの役割はやっぱり、良いプレゼントを作ること!


#仕事 #独立 #起業 #ブランド

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

e-mail : info@hearko.com

オーダーメイドギフトのHearko(ハーコ)

All Rights reserved copyrights. © Hearko

0

MY CART