お金は楽しく作り出して喜んで使うべし!


今日は、関西人の好きなお金の話をします。笑

1、お金は大変な苦労をして得るものだと思ってたら人生終わり!

内藤家は、昔からお小遣いがテストの成績による報酬制でした。

テスト前になると、下図のような表を母監修のもと、作成します。


(当時の記憶を頼りにざっと今作ったものなので、金額などはテキトーです。もちろん、当時は手書き。)

なんというスパルタ教育。笑

テストは毎月あるわけではないし、これ以外のお小遣いはお年玉くらいしかなかったので、とにかく必死に勉強しました。

なのでまぁまぁ成績は良かったのです。

お金のために勉強してたから、テストが終わったらほとんど忘れるんだけども。笑

ずっとこういう制度だったので、お金を得るってことが本当に大変なことだと知らず知らずのうちに教えられてきました。

高校を卒業して、同時にこの制度からも卒業したけれど、大学生になってからも、社会人になってからも、“お金を得る=大変な苦労”と思っていました。

だから、バイト先でサボりがちな人がいると「ラクして稼げると思うなよ」って内心イライラしてたし、デザイン会社時代は時給換算すると500円くらいの割に合わない仕事をして、「プロだからそれが当たり前」だと思っていました。

そんな私の意識が変わったのは、カナダでの1年間が大きかったと思います。

カナダでは、語学学校や旅行に行ったり、家賃や日々の生活費・交際費で、私が汗水垂らして27年間貯めてきた貯金は一瞬で底をつきました。

なくなるのは一瞬なんですよね、、泣

一刻も早く仕事を見つけないといけないのに、残り半年を切った就労ビザと拙い英語力ではなかなか雇ってもらえませんでした。

体感温度マイナス30度で雪の舞う中、凍えながら街を歩き回り、良さげな店に飛び込んで

I'm looking for a jobと震える手でレジュメを配り歩きながら、「なぜこんな必死に雇われようとしているのだろう」と思い始めました。

カナダ(特にトロント?)では日本のおそらく数十倍のホームレスがいて、マジなホームレスから、パートタイムか?という日中の決まった時間だけいつも決まった場所に現れる自称ホームレスもいます。

彼らは街中でいつもお金をせがんでいます。電車に乗ってて一人一人にお金をくれと声をかけていく人もいます。

日本ならみんな絶対あげたりしないけど、カナダの人は普通にあげるんですよね。

お金だけじゃなくて、わざわざ彼らのためにサンドイッチとかを買い与えている人もいました。

自分がいかにお金が必要かを(格好よくいうと)プレゼンして、協力しようと思ってくれた人がお金を出す。

マネをしようとは思いませんが、これもお金を稼ぐ一つの方法なのです。

日本人の知り合いで、現地のクラシファイドサイトに「日本語教えます」と書き込んで、実際に教えてお金をもらっている人もいました。

私の場合は、クラウドソーシングのサイトに登録をしてデザインの仕事をしたり、お小遣い程度の報酬や賄いがもらえるボランティアに参加したりしました。

結局その頃、普通にパートタイムの仕事が二つ決まり、バイトを掛け持ちしていたのでそれで稼げたし時間がなくなりましたが、今思えば、「日本人である」ということが一つのアイデンティティとして使えたのだから、それを活かしてお金を作る方法をもっと実験的に色々試してみたら良かったなと思っています。

要するに、「お金を稼ぐためには雇われなければいけない」という手段しか思いつかなかったそれまでの自分、なんて視野が狭かったんだろう、、と。

お金も仕事も作り出せる。

お金は、大変な苦労の対価ではなく、自分が人に必要とされ信用されていることの証明である。

一生、しんどい思いをしてお金を稼いでいかなきゃいけなかったら、本当に人生しんどいと思います。

2、得たお金は自分が嬉しくなるものに喜んで使うべし!

お金を得ること=大変な苦労の対価だと思っていた頃は、お金を使うことも、すごく勿体無いことだと思っていました。

だって、使ったお金分を取り戻そうと思ったら、また大変な苦労をしなきゃいけないから。

だけど、楽しくお金を稼げたら、お金を使うことって勿体無くない。

だってまた楽しいことをしてお金を稼げばいいだけだから。

これはライフワークスタイリストの宮本佳美さんがよく言われていることです。

佳美さんのブログは女性にめっちゃオススメ!

私は、断捨離も兼ねて、よくメルカリで不用品を売っています。

先日、その売上金が1万5千円くらい貯まっていたのでそろそろ換金しようかなと思いましたが、不用品を売って得ただけの1万5千円を現金に換えたところで、私の幸福度は大して上がらないなと思い、そのお金で別の出品者から気に入ったバッグを買いました。

という話を友人にしたら、「私なら絶対現金に換える!」と言われました。笑

1万5千円が口座に増えて、通帳見て嬉しくなりますか?私は多分、増えていることにすら気づかないです。笑

だけど、お気に入りのバッグが手元にあったら、私は使うたびに嬉しくなれる。

楽しくお金を作り出し、嬉しくなることに喜んでお金を使う。

それが最近の私の新ルールになりました^^


#仕事 #お金 #起業 #独立 #キャリア #自己啓発

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

e-mail : info@hearko.com

オーダーメイドギフトのHearko(ハーコ)

All Rights reserved copyrights. © Hearko