お金は楽しく作り出して喜んで使うべし!


今日は、関西人の好きなお金の話をします。笑

1、お金は大変な苦労をして得るものだと思ってたら人生終わり!

内藤家は、昔からお小遣いがテストの成績による報酬制でした。

テスト前になると、下図のような表を母監修のもと、作成します。


テストお小遣い表

(当時の記憶を頼りにざっと今作ったものなので、金額などはテキトーです。もちろん、当時は手書き。)

なんというスパルタ教育。笑

テストは毎月あるわけではないし、これ以外のお小遣いはお年玉くらいしかなかったので、とにかく必死に勉強しました。

なのでまぁまぁ成績は良かったのです。

お金のために勉強してたから、テストが終わったらほとんど忘れるんだけども。笑

ずっとこういう制度だったので、お金を得るってことが本当に大変なことだと知らず知らずのうちに教えられてきました。

高校を卒業して、同時にこの制度からも卒業したけれど、大学生になってからも、社会人になってからも、“お金を得る=大変な苦労”と思っていました。

だから、バイト先でサボりがちな人がいると「ラクして稼げると思うなよ」って内心イライラしてたし、デザイン会社時代は時給換算すると500円くらいの割に合わない仕事をして、「プロだからそれが当たり前」だと思っていました。<