プロポーズに指輪はいらない!女子のホンネ


プロポーズをお考えの男性は、いつどこでどんな風に、何をあげてどんな言葉で…と色々悩まれていることかと思います。

私はこう見えて29歳でして、周りの友人の8割はもう結婚しています。

私は身近な人のプロポーズの話を聞くのが個人的に大好きで、嬉しかった事から、ダメ出しまで、女性サイドのエピソードをたくさん聞いてきました。

プロポーズに渡すプレゼントのご依頼も多いので、男性サイドのお悩みもよく聞きます。

そんな中で、“絶対に喜ばれるプロポーズ”というものがわかってきたような気がします。

まず、指輪について。


婚約指輪

リングケースをパカッと開き、ダイヤの輝く婚約指輪を手に、ひざまずいてプロポーズをするのは王道中の王道で、そのシチュエーション自体に女性は憧れています。

ただ、憧れているのはそのシチュエーションであって、現実は、「好みの指輪じゃなかった」「サイズが合わなかった」「実は安物だった」と、後からくるダメ出しが半端ないです。。

インパクトはあっても、サイズも好みもピッタリ!じゃないと、せっかくの感動も半減するのが現実的な女性たち。そんなピッタリ!の指輪を選べるのは奇跡に近いと思ってください。

その対策として最近あるのが、プロポーズ専用リング